どのくらい時間はたったの

カテゴリー


日は昇って
生活の音がして
いつの間にか、部屋が暗くなっていて
でも意識は確かにあって、果てしなく長い時間に感じる

私はただひたすら
何も答えも、救いも無いのに、何かを待っている
それが何かも分からぬままに

傷口が癒えるのをただ
待っているのか....

「何があったのかお互いの更新も途絶えたし、
 彼女は休みに図書館にも行ってない、それどころか籠ってるみたいだ」

「そう。何を話したかは分からないけど、ユチョンから振ったのね、多分」

数日前、この男がBARでJとユチョンが話しているのを耳にしている。
Jが私の送ったメールを見せて、彼女はユチョンに本気じゃなさそうだ、と
親友であるが故に、ユチョンに忠告をしていたらしい

「そんな.....」

「俺だって信じられないさ。
 会った時は仕事に追われて、何かクライアントが非常識な奴らしくて、
 休みでもミーティング、仕事の後に連日大量の無理難題を強要されててさ。
 それでも健気に頑張ってたから、俺も親身にはなってたんだけど...すまん」

カラン,とドアが空き男は出て行った。
しかし2人は背を向けていて、彼がいた事に2人は気づいていなかった

「いや、教えてくれてありがたいよ。
 何で彼女がそんな行動に出たのか、俺の事をどう思っていたのか,
 どうしても分からないんだ。だから、距離を置いてしっかり考えるつもりだ。
 感情に任せて別れたくないし...」

「そうだな。でもさ、お前らしく無いよ。 
 彼女の言い分も聞かずに、距離を置こうって言うなんて」

ユチョンは、ジェジュンが差し出した煙草に手を付けた。
一本咥えると、ジェジュンのライターをカチカチと鳴らす。
すぅ.................

ゆっくり煙を吐き出すと、ユチョンは苦しそうな顔をした

「そうだよな」

「せめて、彼女の言い分も聞くべきだったんじゃない?」

ユチョンは煙草をまた深く吸い込むと
ゆっくりと吐き出した

「彼女、俺にごめんなさいって言ったんだ。」

「ユチョン...................」

「俺には、それ以上彼女の気持ちを聞く勇気がなかった」

ユチョンは俯いてウィスキーの入ったグラスを見つめた

「俺が....怖くて聞けなかったんだ」




舊夢繽紛成飛絮

カテゴリー



彩虹,沒你絢爛。煙花,沒你浪漫。你是一只輕盈曼妙的蝴蝶,旭日升,翩翩起舞;夕陽落,隱於燈火闌珊。闕歌會停,鮮花會謝。我想變顆星,伴你千年萬年,你瞧我,我笑著眨眨眼,你不理我,我緘默不言。我想變輪月,默守你屋前,你散步,我跟隨,你駐足,我陪伴。花朵,沒你靈動。畫眉,沒你內斂。你是一只嬌羞優雅的蝴蝶。安靜時,楚楚動人;徜徉時,賽過嫦娥飛燕。雪花太寒,爐火太暖。我想變縷風,陪你萬水千山,你飛翔,我助你一臂之力,你棲息,我止步賞觀。我想變朵雲,靜侯你窗前,你口渴,我送水,你炎熱,我打扇。葉落無聲,花謝無語,質本潔來還潔去。無法割捨的緣,無法忘記的情,無法了斷的愛,都是心底留下的淚痕,靜靜開成朵朵梅花,在往事的枝頭,搖曳風姿萬種。歲月朦朧,時光煙雨,風情也好,妖冶也好,都在心靈的畫布上留下若隱若現的影蹤,美,且妖嬈。

握不住的歲月,捲入紅塵深處。小樓亭院,流螢畫扇,追得了歲月,追不了流光。薄衫不覺寒,玉臂冷月光,纖纖素手輕拾取,殘紅滿地,春已深。梨花帶雨分外媚,眉黛新描遠山去,笑語盈盈暗香來。眼波漾秋水,紅唇暖胭脂,嬌喘微微情已動,酥胸微露香肩潤,欲語還羞。清風徐來,蜂蝶舞,冷月解花語。

一箋書,詩情畫意難記取,風月情濃。細雨斜陽長堤路,桃花紅時雙燕子,呢喃細語春草新,雙宿雙棲,柳橋花徑。折柳擷花賦新詩,唇間猶印殘唾,俏笑嬌顏輕舔取,醉了春光,羞了桃紅。春情彌漫如春草,無邊漫過春山去。流水潺潺如春心,更行更遠更多情。魚兒戲水春波裏,情意綿綿無絕時。田間相逐,山裏相戲,引得鶯妒雀恨。竹影婆娑,紅羅帳裏,多少浪語嬌言。被翻紅浪,月湧清波,一夜魚龍舞。雪山滿月駿馬飛,草原紅日雄鷹翔,逐鹿中原能扛鼎,紅塵夢裏雪蓮開。母問何所以,嬌豔紅霞飛。




如歎息聲的輪回

カテゴリー │elyze效果



承諾如天邊的一朵彩雲,引得你歡歡喜喜的隨我一路奔波。艱辛,困惑,勞頓,絲毫沒覺的疲憊。只是在我們離那片彩雲越來越近的時候,卻忽的不見了你的蹤影。茫茫人生路,沒有你的陪伴,我只能茫然的前行。在你曾經到過的每一個地方,我駐足停下。傻傻的回憶,你的影子佈滿了每一個角落,活靈活現。我似乎又穿越回到了從前,回到了Dream beauty pro 脫毛曾經,回到了初遇.........腦海裏有太多的情緒需要傾訴,卻不知從何說起。只是一遍又一遍的呼喊你的名字。親愛的,你還好嗎。是否和我一樣掙脫不了思念的魔爪。那些美麗的曾經你是否也還在念念不忘。閃爍著幾許星輝,我渴望著成為銀河裏的一顆星,靜靜的守候著。房內悠揚的旋律悄然的回蕩,閉著眼睛聆聽,咽喉流過酒的液體,灼熱了心扉,感傷了這深夜的寂寥。

每當靜靜的走在夜裏,感受著歲月如歌,孤影闌珊的惆悵,腦海Dream beauty pro 脫毛也總會迴旋起時光在季節裏留下的足印。而那劃出一道道優美的弧線,都是逝去年華裏的過往與傷懷。躊躇的步伐裏,一路漂泊的孤獨,旅途中忽略的景色,當靜靜回想起,又是那麼的留戀,即使那是一段刻骨銘心的感傷。

明知世事無常,諸多變幻莫測,也曾想過故事裏感慨的聲音,可卻依然沉醉在那一場相遇的風花雪月,陶醉在昨日留下的種種風情裏,即使都幻成了萬般落寞。而離別之後的悲歡離合,繁花嫣留的孤獨,當再次獨自回想時,守候在心底的寂寥,有幾個人能懂?我深深渴望能在深夜有人將其相擁,讓脆弱的心能有停靠的港灣,可到頭來,這只是內心的期盼的呼籲與幻想。

抬頭看看夜空,如水的月色,萬千柔情灑脫,我敲打的鍵盤,訴說著自己內心的恐懼。那承載起的思念相寄在天涯,可天涯太過遙遠,遙遠的如歎息聲裏的悵惘,那麼憂傷那麼漫長。人生淼淼,歲月總無情的將眷戀和溫柔,湮沒在滾滾紅塵裏,留下的哀歎,點綴著塵世的闌珊。遺忘在彼岸的輪回,飄零成層層淚影,留在Dream beauty pro 脫毛輪廓上的痕跡,再也無法抹去。

熙熙攘攘的街市上,一對戀人忙著竊竊私語,那麼旁若無人的投入。微風和煦的公園裏,一對年輕的夫婦手挽手的對望,溢漾在臉上的是盈盈笑意。遠遠的望著她們,努力拼湊著昨天的記憶。似曾相識的感覺襲上心頭,曾經的我們何嘗不也是這樣。在陽光炙暖的牆根下,一對老人緊緊挨挨的並排坐著,手裏擺弄著幾個玉米棒子。斑白的發絲遮掩不住他們的默契和平靜。白頭攜老,舉案齊眉,任世事滄桑,恩愛如舊或許就是這個樣子吧。只是我們奢望的這種種浪漫和平淡已如鏡中花水中月。曾經許下的太多的諾言已經無法兌現,我不知道這算不算食言,更不知食言又會被上天做出怎樣的懲罰。我不畏懼懲罰,哪怕是五雷轟頂。